top of page

8/27 開催 学習委員会「キッズヨガ指導者が知っておくとよい子ども特有の障害」 


2022年、2回目の学習委員会のテーマは

「キッズヨガ指導者が知っておくとよい子ども特有の障害」です

ゲスト講師に理学療法士、ヨガの解剖学の第一人者であり、「効かせるヨガの教科書」などの著者、中村尚人先生をお迎えします。


ヨガを通して、こどもたちに伝えていけることはたくさんありますが

成長の過程にいるこどもたちの身体はなによりの資本です

身体の安全や配慮をふまえたうえで

それぞれの先生の考えるヨガを伝えていけたら、と思います


キッズヨガの先生、教師、子どもへのヨガに興味がある方へ

解剖学に精通した中村先生からみたこどもたちの身体とヨガとは?


中村先生、ご参加のみなさまとこどもたちの「身体」について考える貴重な機会です

ぜひご参加ください



講座の概要(予定):

子どもに起きやすい症状の理解

1 軟骨の剥離

2 成長痛

3 オズグット・シュラッター


子どもにとってのアライメントとは

1疲労とは

2関節と筋肉

3大人との違い


安全性

1 場の持つ力

2 研究を参照すること

3 ヨガの自由度



子どもたちが怪我なくヨガを楽しんでもらうには、成長期の体を知り、

起きやすい現象を知っておくことが重要です


大人のヨガクラスと同じ内容で果たして良いのでしょうか?

楽しい雰囲気だけで子どもの衝動的な動きを見過ごして良いのでしょうか?



実際の様子と合わせて、考えてみましょう。


お申込みはこちらから。

https://gakkouyoga20220827.peatix.com/


閲覧数:59回0件のコメント

Comments


bottom of page