top of page

子どもの成長を支える”発達サポートヨガ”のあり方とは

この度、滋賀県野洲市教育委員会の後援をいただき、

作業療法を提供する多機能型児童発達支援所のあうとりーち和泉様共催にて

発達サポートヨガを活かすためのヒントを

支援者・保護者向けに講演させていただきました。

参加者は特別支援学校の先生、保育士、作業療法士、

ギフテッドやグレーゾーンと

呼ばれる子どもの保護者様と多岐に渡りました。


怒りや焦りの自己コントロールの仕方

発達に悩む子供の理解の仕方に加えて、

ヨガクラス の実践、

ASDやADHDのある子どもへヨガを届ける場合に

大切にしていることなどもお話させていただきました。


特別支援学校に取り入れる場合と

ご家庭で取り入れる場合にには、

多少導入の仕方や子どもの特性によって、

誘い方が違うため、

どの場面で活用できるか?や

子どものモチベーションが

高まっている様子のヒントも

情報共有しながら、

実際の子どもへの支援もお伝えしました。


会の終わりには、

コロナ禍における子どもへの支援の難しさや

学校と家庭の連携のあり方、

教師の多忙感の原因についてなども

ざっくばらんに話題が広がり、

<ヨガ>は何に貢献できるか

再考する機会となりました。


子どもの発達に寄り添うヨガは、

支援なさっている先生方や

日々奮闘される保護者の方にも

寄り添うものでありたいと思っています。



がっこうヨガ推進委員会

委員長 太田



閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page