top of page

SEEラーニングを深めよう

詳細

研修内容 ・教育に活かすマインドフルネスとは ・「SEE ラーニング」とは?体験してみよう ・セルフコンパッションについて ・エンパシーについて ・実践とシェアリング ※本講座は「SEE ラーニングプレイブック」を親しむものであり、正式なトレーニングは来年3月に予定される養成講座をご検討下さい 講師プロフィール 井本由紀 慶應大学理工学部准教授 英国と日本で育ち、オックスフォード大学で文化人類学を学ぶ。 多文化教育の研究に取り組み、2009 年に同大学より博士号取得。 2017 年度にスタンフォード大学に派遣留学。 米国におけるマインドフルネスの教育と研究に携わり、自分自身のこころや身体の状態に気づいていく転換期となる。2018 年に帰国後、マインドフルネスの日本の教育的文脈での受容について、実践を伴う研究を進める。 その中でエモリー大学の「SEE ラーニング」の開発者・研究者と出会い、日本でのSEE ラーニングの導入に関わり始める。2022 年にSEE ラーニング ファシリテータートレーニングを修了。身体とこころを伴う-contemplative- 観想的な学びの可能性について、国内外のコミュニティと繋がりながら、研究を進めている。

モバイルアプリからこのオンラインプログラムに参加することができます。 アプリを開く

金額

¥3,000

シェアしましょう

bottom of page