top of page

キッズヨガ指導者が知っておいた方が良い子ども特有の障害

詳細

8月の学習委員会アーカイブ動画です。 ゲスト講師は、『効かせるヨガ』などの著者、理学療法士の中村尚人先生。 ヨガにの場面に限らず、子どもたち特有のケガや痛みについて学べる内容です。 子どもたちの現状についてあらゆる角度から考えるきっかけになるかと思います。 【講座の概要】 子どもに起きやすい症状の理解  1  軟骨の剥離  2  成長痛  3  オズグット・シュラッター 子どもにとってのアライメントとは  1 疲労とは  2 関節と筋肉  3 大人との違い 安全性  1 場の持つ力  2 研究を参照すること  3 ヨガの自由度 【目次】 1.アーサナアナトミカルアプローチの視点について 2.子どもの骨格の特徴 3.外遊び時間の減少 4.子どもの脳の特徴 5.主な障害と好発年齢 6.運動器検診 7.側弯症に関して 8.身体的個性がある 9.完成形を求めなくていい 10.ヨガの自由度とまとめ 11.質疑応答 ※この動画は2024年4月末までの公開となります。

モバイルアプリからこのオンラインプログラムに参加することができます。

金額

¥2,000

シェアしましょう

既に参加していますか? ログイン

bottom of page